英語を母国語として身につける

More energy to go!

2月15日 More energy to go!

旅行先などで「あと10分で出ますよ」というのを、

10 minutes to go.

と言う。

私はよくこの言い方をするのだが、数字の部分を替えるくらいの応用しかしていなかった。

この日、娘は帰り道に私と遊んでいて、





More energy to go!

と叫んだ。

よく、「歩くエネルギーが切れる」「補充しなくては」といったやりとりをしていて、その芝居の途中で出た言葉だ。

この言葉を聞いて、驚いた。

○○ to go. という言い方は、「○分で行きますよ」という言い方だけではなかったのだ。

娘の言い方の場合、「行くためにもっとエネルギーを!」

となる。

当然「もっとエネルギーで行きますよ」ではない。

10 minutes to go. の訳のイメージが、「行くために10分!」なのだ。

それから英語の映画やドラマを気にして観ていると、この

○○ to go. は結構よく出てくる。

ということはたぶん、

More food to live.(生きるためにもっと食べ物ちょうだい)

10 minutes to get. (取るために10分ある)

と、応用はいくらでもあるのだ。


  
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です