英語を母国語として身につける

文字を知らない子どもがエド・シーランの歌を丸覚え。

英語のリズムが難しい歌を、歌詞からチャレンジすると上手く歌えないので、歌詞を読まずに音だけ聴いて、頭に記憶させて歌うという実験をしていた。

選んだ曲はエド・シーランのシェイプ・オブ・ユー。

最初はなかなか上手くいかず、1ヶ月ほど続けてまぁまぁ歌えるようになった。でも、一部よくわからない部分があり、耐えられないので歌詞を見ようと思っていた矢先。

車を駐車場に入れ、娘と二人での帰り道。娘が聞き覚えのある歌を歌い出した。

Let’s not talk too much…

 

もしかして、また最初から最後まで歌えるのかもしれないと思い、ずっと聴いていたら、1番の歌詞からサビまでを全部覚えていた。

部分的に明らかな聞き間違いがあるけれども、ちゃんと歌えている。

これがそのときにすぐ撮った音。途中で「最初から歌って」と私が言っている。

 

娘は現在4歳で、英語は読めない。なので、音だけで聴いて、暗記している。

私は英語が読めて、暗記できず、完璧には歌えない。

 

娘の場合の特長は、サビなどでルーティンしてしまったりすること。その場合、次へ変わるきっかけが掴めないと、先に進まない。

大人でもあるように、「音の暗記」でしかないのだ。

こちらが歌詞と本物のほうの歌 http://maash.jp/archives/30947

 

最初の言葉も言ってあげないとわからなかったりするのに、私が間違えてBarと言ってしまい、娘もBarから始まっている。

他にもいろいろ違ったりして、

Girl, you know I want your love(ガール、俺はおまえの愛が欲しいんだぜ)がDo you know I want your love(俺が君の愛を欲しいってしってますか?)になっていたりして、そういうのは指摘してもなかなか直せない。

 

私の場合、すぐ歌詞が読みたくなる。読みながら歌いたくなる。

でも、この歌はリズムが独特で、

Come over and start up a conversation with just me

こことかが本当に難しい。娘もここははっきり歌えていないのだけど、そのうち出来るようになりそうな気がする。

 

「英語の歌は歌詞がないと歌えない。聴き取れないから」というのは、大人としては常識だけど、文字を知らない子どもは音だけで理解して、暗記してしまう。

何度も言うけど、ここに母国語的な言語習得の秘密が隠されているのだ。