英語を母国語として身につける

Book

Book

BOOK『娘に英語で話し続けたら、2歳で英語がペラペラになった。』

 

 

娘に英語で話し続けたら、2歳で英語がペラペラになった。(こちらで買えます)

「母国語のように英語を習得する」を目標に、娘が生まれてから日本人の父親が英語で話し続けた奮闘記です。

せめて4歳くらいで話せるようになるかと思いきや、2歳で英語をペラペラ話すようになったので、3歳になったころに本を出版しました。

ネット上に書かれているネガティブなアイディアはいったい何だったんだと思うほど、実際にやってみると知らなかったことばかり。

言語を習得するというミステリーが次々と解けていき、大人が英語を習得する方法についてもいろいろとわかってきました。

前半は大人用、後半は日記になっています。

 

今の日本の英語教育は、「教える」「教わる」という姿勢が基本になっていて、教えるほうも教わるほうも、「何かたくさんのことをしなければいけない」という考え方にこだわっています。

この本は、もっとシンプルに、母国語として、「余計なことをしない」ということが書かれています。

「教えない」が基本姿勢なのです。

 

単語やフレーズをたくさん知りたいと思っている人には、完全に期待はずれの本になるのでご注意ください。

また、実際に子どもが「英語教育」を受けずに英語を習得していくのを目の当たりしなければ、この本のことは信じられないかもしれません。

それほど、信じられないことばかりが書かれています。

 

 

 

著者 沼畑直樹