be able toが過去形肯定文で強くなる理由 英語は主観的か客観的かで使う言葉が変わるもの 003

be able toが過去形肯定文で強くなる理由 英語は主観的か客観的かで使う言葉が変わるもの  003

特定の過去形はさらに複雑だ。

「そこの壁を乗り越えられたよ」

「なんとかドアは開けられたよ」

というのはwas able toになるが、couldが使えないのには理由がある。

もしCouldを使うと、ファジーな意思の話になるので、

I could do it  × 「やろうと思えばできる(これからも)」という感情を伴う仮定になってしまう。

しかもこれからのことなので、過去形の時制であるyesterdayなどは使えない。

使えるのは知覚動詞を伴う場合だけだ。

I could see the stars yesterday.

というわけで、過去形の特定はwas able to のみなのだが、もう一つトリックがあって、「特定の否定過去形はどちらも使える」となる。

I couldn’t see that.   (見ようとしたけど、状況的に)見れなかった(実際に見れなかった)

I wasn’t able to see that. (状況的に理由があって)見ることはできなかった(実際に見れなかった)

理由はもちろん、どちらも結果だから。

couldは習慣的な過去になったり、仮定になったりするが、couldn’t は「できなかった」とはっきりとした過去だからだ。

結果をまとめると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について