間違いない、母国語としてのリスニング方法 005

間違いない、母国語としてのリスニング方法  005

「溜め」を意識をして英語を聴くと、単語自体の「溜め」だけじゃなく、あらゆるところに「溜め」があることに気づくはずです。

文章の中の強調したいところの前など、とにかく感情を込める前には「溜め」が発生するのです。

逆に、ないところはとにかく早い。

メリハリがあります。

それを掴むには意識して聴き続けるしかありません。

ここでは、単語の「溜め」の例を紹介します。

Appropriate

日本語ではアプロプリエイト、意味は「適した」です。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について