間違いない、母国語としてのリスニング方法 006

間違いない、母国語としてのリスニング方法  006

慣れてくると、アクセントだけに集中して聴くようになるかもしれません。

結果的には同じなので、それほど深く考える必要はありません。

この溜めの話を娘にすると、全部の単語をたっぷり溜めて話し出したので、「それだけ溜めるのは重要な言葉の前だけね」と注意しなくてはなりませんでした。

たしかに、文の中で大事な言葉以外は、かなりさらっと塊でスルーすることが多いです。

かといって、アクセントがないのかといえば、ある。

すべてに溜めを使って話すときもある。

この感覚はとにかく意識して聴くしかないですね。

長い単語が連なると、長い間アクセントがない場合があります。

たとえば

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について