「感情」を使い、英語を母国語として身につける

カタカナ英語 002  アーイ

どうして日本語のカタカナ表記は棒線が多いのか、それは謎だが、「オハヨウゴザイマス」より、「オハヨーゴザイマス」のほうがしっくりくる。

これは発音通り、伸ばすところを表すというカタカナ特有の性能があるのだろうか。

一方、ひらがな表記だと違和感があるのだ。「おはよーございます」

というわけで、カタカナは棒線表記に強い。だから、英語でもしっかりと棒線を意識させるようなカタカナ表記であるべきだ。

では、本当に英語には伸ばす部分があるのか、必要なのかという点についても考えたい。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について