カタカナ英語 001

伸びる場所、伸びない場所というリズムが大事だとするならば、実はカタカナ英語の実力は凄い。

ただし、伸びる棒線をしっかり重要視しているかどうかが鍵となる。

英語のスペルにも漢字にもひらがなにも、どこを伸ばすかという点は表記されない。

それが英語を難しくさせているのだが、カタカナには棒線表記がある。どこを伸ばすのか、はっきりと明記しているのだ。

そもそも、日本語ではひらがな表記があるが、実は実際の発音とだいぶずれている。

だが、日本人がそれに気づくことはあまりない。

たとえば、

「おはようございます」

というひらがなを読むとき、日本人は

オハヨーゴザイマス

と読む。

だが、外国人に読み方を伝えるとき、ゆっくりと読むと、

「オハヨウゴザイマス」

と、はっきり「ウ」を言って伝える。

すると、外国人は常に「オハヨウゴザイマス」と言うようになり、

オハヨーゴザイマス

とは言わないのだ。

コンピュータがひらがなを読み上げるときも同様で、それが違和感になる。

東京には小金井公園という名前の公園があるが、ひらがなでは「こがねいこうえん」となる。

だが、地元の人は誰もそう呼ばない。

コガネーコーエン

と読むのだ。

だが、これを地元の人に指摘しても、「いや、こがねいって言ってるよ」と言う人もいる。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について