言葉を選ぶ「根拠」を変える。 シンプルでミニマルな母国語(英語)の学び方

言葉を選ぶ「根拠」を変える。 シンプルでミニマルな母国語(英語)の学び方

※他サイトで公開済み 「英語ができる人」は2パターンある。 「英語ができる人」というのは、 

英語マウントのための知識を得たいのか。

英語マウントのための知識を得たいのか。

生まれた娘と0歳から英語で話しかけていると、娘が日本語より先に英語を話し出した。 それが6 

小学校の日本語教育と英語の関係 ロジカルな会話

小学校の日本語教育と英語の関係 ロジカルな会話

0歳から日本人の父親と英語で育った娘は、日本語より英語を先に話し出したので、小学校入学まで 

英語の勉強の順番が違う件について考える。

英語の勉強の順番が違う件について考える。

ネイティブが世界の人に向けて英語を教える場合に、たとえば 「neverthelessはこう 

ロジカルに話す。英語も日本語も。

ロジカルに話す。英語も日本語も。

3歳から小学校低学年くらいまでで、「子どもの説明が下手だ」と思うことがうちの場合はあります 

歌の上手い人は英語習得に有利。 母国語リスニング006

歌の上手い人は英語習得に有利。 母国語リスニング006

「真似するように聴く」は、外国語の特長やリズムを真似するという部分で、リズムの他にも声色( 

母国語は「ありのまま」の姿勢で挑む

母国語は「ありのまま」の姿勢で挑む

母国語のように英語を覚えたいといっても、その過程ではどうしても「理解したい」「聴き取りたい 

子どもは、「使える」と思った言語を選ぶ。

子どもは、「使える」と思った言語を選ぶ。

ある記事を目にした。「親が子どもに英語で話しかけている」という家族に出会ったが、その子ども 

母国語としての英語発音は楽器のようで、ただ楽しいという個人的な感想。

母国語としての英語発音は楽器のようで、ただ楽しいという個人的な感想。

母国語として英語を話すことについて、いろいろな方法を試し実践してきたが、個人的には理論やカ 

ベルギーと多言語主義 マルチリンガリズム そして「国境はな〜い!」

ベルギーと多言語主義 マルチリンガリズム そして「国境はな〜い!」

ベルギーは北がオランダ語、南がフランス語で、言語的に分断されている国家だ。 歴史は複雑で、 

世界はフラットにならない。

世界はフラットにならない。

インターネットによって海外の人が発する情報はすぐに手に入れることができるようになり、世界は 

母国語英語の未来。

母国語英語の未来。

英語には日本語よりも強いアクセントがあり、アクセントを中心に話され、理解される。 日本語は 

日本人の英語を駄目にする大人たちの考え方

日本人の英語を駄目にする大人たちの考え方

Yahoo!等で配信された記事を紹介します。 日本人の英語を駄目にする大人たちの考え方 h