「ってば」の英語訳 強調のDo

「ってば」の英語訳 強調のDo

娘が歯磨きに行くのに、「洗面台に誰もいない!」といって嫌がるので、「ママがいるってば」と日 

リスニング修行中の課題と理解の順序

リスニング修行中の課題と理解の順序

母国語イングリッシュの方式でリスニング能力を鍛えていて、当然ながら課題は出てくる。 たとえ 

組み合わさり一語になる。

組み合わさり一語になる。

一語一語、順番に考え、言うといっても、いくつかの言葉はやがてまとめられていく。 例えば、D 

リスニングはリズムを合わせる 後編

リスニングはリズムを合わせる 後編

リズムが合うというのは、一緒に話しているのと同じなので、途中に訳したり考えたりする暇はない 

リスニングはリズムを合わせる 前編

リスニングはリズムを合わせる 前編

英語を勉強していて、一人で練習しているとだんだん上手くなっている感じがするとして、いざネイ 

「OH」「Yeah」「No」だけでコミュニケーション

「OH」「Yeah」「No」だけでコミュニケーション

「英語が話せない」という人に、「Oh」「Yeah」「No」だけでコミュニケーションをしてみ 

「自分が話すように聴く」と感情の関係

「自分が話すように聴く」と感情の関係

表 真似するように聴く→感情の部分を真似する→ミラーニューロンへの刺激 →意味に惑わされず 

言語は感情で覚える。

言語は感情で覚える。

私がひろめたいと単純に思っているのは、この言語と感情の関係だ。 ディティールを抜きにすると 

ネイザルサウンドの響きはアメリカン。

ネイザルサウンドの響きはアメリカン。

長い10連休のGW初日、娘が風邪を引いた。さすがに明けの火曜日までに治ったが、鼻水は出てい 

英語の発音は腹式呼吸で一語一語に息を使う

英語の発音は腹式呼吸で一語一語に息を使う

ふっと強く息を吐くとお腹が動いて、ひっこむ。これが複式呼吸だ。たとえばボクシングのスパーリ 

「母音をはっきり言う」が言葉の法則(だった)

「母音をはっきり言う」が言葉の法則(だった)

スピーキングにおいては、「東京の標準語に慣れた人は、英語の発音が苦手」というのが結論だ。  

日本人がやりすぎても足りないスピーキングの重要事項。

日本人がやりすぎても足りないスピーキングの重要事項。

日本人が英語を話すときに、何度言っても足りないのが、 「おおげさにしゃべること」 このコン 

英語を英語のまま捉える。

英語を英語のまま捉える。

  いくら英語を訳してはいけないと唱えても、そんなわけにはいかなくなる。やはり訳 

心で考えているときも英語。

心で考えているときも英語。

「日本語が遅れないように」という気持ちが芽生えた1年ほど前から、時々、日常会話で日本語を使 

感情をシェアする ドラマの先に見えてくるもの

感情をシェアする ドラマの先に見えてくるもの

  海外の映画やドラマを字幕で観ることに慣れた日本人にとって、画を観ながら字幕も 

オススメとされている英語習得法で、意味のないもの 後編

オススメとされている英語習得法で、意味のないもの 後編

「先読み」は「いいこと」とされている場合が多い。 先読みすることで次に来る内容を予測できる 

オススメとされている英語習得法で、意味のないもの 前編

オススメとされている英語習得法で、意味のないもの 前編

現在44歳の私は、5歳になる娘と英語を日常言語として生活し、私自身の英語力もブラッシュアッ 

感情を入れて聞くってどういうこと? 日本の英語習得の限界。

感情を入れて聞くってどういうこと? 日本の英語習得の限界。

以前に感情を使うとリスニングが良くなるという話をしたが、これはいったいどういうことなのか、 

母国語のルール

母国語のルール

真似するように音だけを聴いていくのはとても重要。解釈に気を取られて次の音に素直に耳を傾けて 

どうして「一語一語、順番に聞くだけ」ができないのか

どうして「一語一語、順番に聞くだけ」ができないのか

感情を英会話習得に持ち込み、ミラーリングしながら英語を聴き、話す。 そうやって実践するとし 

ネイティブと話す、聴くときに「見る」べき場所。

ネイティブと話す、聴くときに「見る」べき場所。

ただヘッドフォンで英語を聴いているという英語勉強法をしているなら、この投稿は非常に重要なも 

感情、反射、喧嘩。 英語のキホン (メンバーシップ記事ですが無料で読めます)

感情、反射、喧嘩。 英語のキホン (メンバーシップ記事ですが無料で読めます)

本にも書いたが、英語をまだそこそこのときに、海外で英語で喧嘩をしたことがあり、そのときにス 

今一度、「感情」について考えてみる。

今一度、「感情」について考えてみる。

『2歳でペラペラ』で語ったメソッドは、「真似するように聞く」ことがすべてだということ。 自 

トーン  人にはあまり伝わらない、この意味。

トーン  人にはあまり伝わらない、この意味。

母国語的スピーキングにおいて、一番理解されないのは「トーン」だ。 これはたしか、本ではカッ 

英語を話すときは、「しっかり伸ばす」を子どもから大人まで必ずやる。

英語を話すときは、「しっかり伸ばす」を子どもから大人まで必ずやる。

スピーキングの際、しっかりと伸ばすことを意識すると、パイプ音の発音ができる。 つまり、しっ