「感情」を使い、英語を母国語として身につける

マザータング的文法論(メンバーシップ)

英語には、教材の音では得られないものがある。   003

英語には、教材の音では得られないものがある。   003

アーユセインザッ シズアウロマーリーグ? 彼女が俺の構想外だって言ってるのか? Are y […]

英語には、教材の音では得られないものがある。   002

英語には、教材の音では得られないものがある。   002

Youtubeのカジュアルな英語はよくて、映画にはそれがないと話したが、ひとつお勧めの映画 […]

英語には、教材の音では得られないものがある。  001

英語には、教材の音では得られないものがある。 001

ある人と話していて、「大人はそれほど子どもに向けてゆっくり話したりしない」という話になった […]

英語の語順で考えるのは、ハードルが高い。 002

英語の語順で考えるのは、ハードルが高い。 002

そこにドアがあり、開いている。イメージで、「しめなきゃ」という発想が浮かぶ。この時点で言葉 […]

英語の語順で考えるのは、ハードルが高い。 001

英語の語順で考えるのは、ハードルが高い。 001

日本人として人前で英語が出てこないという体験は、順番に繋げていく感覚がないというのが理由の […]

説明が上手くなる魔法の語順

説明が上手くなる魔法の語順

子どもが保育園で何があったのか、日本語でも英語でもたずねるのだが、相変わらず説明が上手では […]

主語を意識すると景色が変わる

主語を意識すると景色が変わる

It’s way too slow. それ、 ほんとに やばいくらい 遅いね It’sを分 […]

SV+「何か」の「順序」が英語の魔法

SV+「何か」の「順序」が英語の魔法

英語におけるSV(主語+動詞)の順序は思考したり話すときの基本となるが、リスニングでも強力 […]

それでも「テスト」をしたくなる

それでも「テスト」をしたくなる

経験上、リスニングにおいていくら英語を「そのまま捉えろ」と言っても、いつしか人は「テスト」 […]

What are the odds? 「すんごい偶然!」

What are the odds? 「すんごい偶然!」

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? […]

asにおける順番通りの理解の仕方。

asにおける順番通りの理解の仕方。

ある程度のスピードの英語は聴きとれても、ニュース番組やバラエティになるとスピードはぐんと上 […]

You’re gonna wanna の使い方。

You’re gonna wanna の使い方。

You’re gonna wanna は直訳すると「したくなるわよ」だが、実際 […]

「○○するようになった」という場合の唯一の言い方

「○○するようになった」という場合の唯一の言い方

「○○するようになるよ」「しなきゃいけなくなるよ」という言い方は日本語では頻繁に使うが、英 […]

「感情」はスピーキングだけでなく、リスニングも制する。

「感情」はスピーキングだけでなく、リスニングも制する。

母国語的なリスニングとは、文法的な翻訳を意識せず、一語一語をただ順番に聴きながら理解してい […]

ビジネストーキングから英語は学べない。

ビジネストーキングから英語は学べない。

感情を込めて言語を話すには、アクセント(ストレス)が重要になってくる。 ストレスのところに […]

控えめな提案のCould    比較で覚えない英語の覚え方

控えめな提案のCould    比較で覚えない英語の覚え方

英語は比較して覚えるのは難しい。だが、文法とはたいていが比較だ。 Ifは比較が多くて混乱し […]

リダクション クン、プロウリィ、フェノーメノーとは?

リダクション クン、プロウリィ、フェノーメノーとは?

アメリカ英語にはリダクション(脱落)という特長があって、世の中に出回っている発音記号とまっ […]

as much as  「同じくらい」は 「as much 」プラス 「as ○○」

as much as 「同じくらい」は 「as much 」プラス 「as ○○」

娘がよく使う ~ as much as you want. 「欲しいだけ(とっていいよ)」 […]

英語の順番で話し、理解する whichの非制限用法は順番通りに訳す。

英語の順番で話し、理解する whichの非制限用法は順番通りに訳す。

日本語に訳して理解せずに、英語の文章を聴いただけの状態で、「理解した」と思うのはどういうこ […]

英語の発音法は、「息を吐き出す」  子音が生む笛のような話し方

英語の発音法は、「息を吐き出す」  子音が生む笛のような話し方

パイプ音は発音におけるテクニックだ。もしパイプ音をマスターしたいなら、自分の口がフルートだ […]

It hurts ばかり使わないで、いろいろ使いたいけれど。

It hurts ばかり使わないで、いろいろ使いたいけれど。

hurtという言葉は子どもとの会話ではIt hurts. ばかり使って、なかなか他の言葉を […]