誰でもできるcould be の正しい使い方

誰でもできるcould be の正しい使い方

couldはcanの過去形なのに、「できる」の過去形として「できた」というふうに使われることは少ない。「できなかった」としては使えるのに、couldは違う。

couldは今後の予想なども含めて、「できるかも」というニュアンスになることが多い。

それだけじゃない。could beという使い方もある。

これは多くのネイティブが使いまくる表現で、

Could be dead.

というと、

「死んでたかも…」と過去のことを話すときに使う。

過去に「もし○○してたら、○○してたかも」の後半部分だ。

Could be good. で、「良かったかも(実際は起こっていない)」となる。

「できた」という要素はなぜか入ってこない。

これは、「推量」として使われているからだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について