実生活で使える「if」を学ぶ方法 文法から学ぶと使えなくなるifの秘密 004

実生活で使える「if」を学ぶ方法 文法から学ぶと使えなくなるifの秘密 004

WillかWouldかで迷わないために。

ここからはさらにテスト用の無駄知識で、実際の英会話には邪魔になるだけだ。

名詞節と副詞節。子どもは感覚的にこの二つを使い分けていることは書いた。

thatに置き換えられるのは名詞節だが、ifのあとにwillが来ることがある。

I don’t know if he will come.   彼が来るかどうかを知らない。(if=whether)

Let me know if he will come.  彼が何時にくるか教えてください。 

というとき。

子どもはthatやwhatを使った名詞節を早い段階で覚え、that以下に普通の文章が来ることも知っているので、それぞれwhether、whenを使えばwillもすんなり使える。だから混乱をしないようにこの場合にはifをあまり使わないほうがいい。

これはやはり非常にテスト的な話で、無駄知識だ。また、前にifの使い方に「when」があると書いたが、この二つめがそうだ。

テスト的にまとめると、

副詞節 ※基本的にif以下は現在形 チェック方法は、「if以下をthatに置き換えられない」

I will go if she comes.   (彼女が来れば(来たら)私は行きます)

I’ll be happy if you will come with me. (もし来てくれるなら、嬉しいです) ※willは未来ではなく、意思のwill

名詞節 ※if以下をthatに置き換えられる ifをwhetherに置き換えられる

I will ask if you will come. (君が来るかどうかたずねる)

I asked if you would come. (君が来るかどうかたずねた)

Let me know if(when) he will come.  (彼が何時にくるか教えてください)

wouldのパターン

I would if I could.  もしできるのならしたいんだけど(できない)。

の場合は、仮定法過去の副詞節だ。

名詞節でもwouldは来る。文全体が過去の話の場合だ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について