シュワーで気をつけるべきこと 002 チャンク

シュワーで気をつけるべきこと 002 チャンク

シュワーについての説明で、文全体にも短く読む場所と伸ばして読む場所があると書いた。

短く速く読む場所と、伸ばす場所がある。

たいしたことがなさそうだけれども、そうでもないかもしれない。

問題は、速く読む箇所だ。

そこはチャンクといって塊になるのだけれども、定型文なので何も考えずに言葉が出てくる。

たとえば、

You know what I’m saying?

というNY的なチャンクは、ユから最後のインまで、ほぼ何も考えない。

もうクセとか習慣になっていて、ばーっと言い切る。

簡単な例で言うと、

I wanna 

だが、これは単純にwant toが合わさったということだけではない。

アワナ

という一つの塊、チャンクになり、「とりあえず言う」のだ。

次に動詞が来るが、まずチャンクとしてアワナを言う。

ここまでが短く、動詞からが長くなる(伸ばす)。

このリズムで聞いたり、話したりするのがネイティブのやり方だ。

同様に、

I’m going to

はアムガナだが、アムガナとゆっくり言うのではない。

アンガナを短く速く言う。

急いでいるわけではなく、英語の特長なのだ。

これがI will=I’llになっても同じで、短く オ と言うだけ。

It is イリズ

That ダリズ

という簡単なものも同様に短く言う。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について