英語は子音ではなく、母音中心。002  WalkもWorkもどちらも「ワーク」

英語は子音ではなく、母音中心。002  WalkもWorkもどちらも「ワーク」

日本ではウォーク(walk)とワーク(work)と教えるけど、実際はワークとワーク。

生徒の中で、ずっとこの部分に違和感があったという人がいました。

学校ではWalkとWorkの発音の違いについて、ウォークのワークとの違いだと教えていることについてです。

本当は、どちらもワークです。

でも、ネイティブは聞き分けができます。

単純に言うと、Walkの母音は明るい感じで、Workはこもります。

Walkはカルフォルニア系でリラックス系のオがアになり、ダークLで伸ばすので、下をまるめずにワークと発音します。

一方、Workはerなので、WのあとにすぐにRの母音を伸ばします。

カタカナにするとどちらもワークですが、同じアでも、Rかそうでないかという違いがはっきりとあります。ネイティブはそこで聞き分けます。

BirdもerのこもったRですが、日本では明るくバードと教えるので、差が出てきます。

でも、カタカナにすると同じなので仕方がありません。

もうひとつ、Sureはどうでしょう。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について