舌と唇の準備をしてから発音するというルールを守る 003

舌と唇の準備をしてから発音するというルールを守る  003

まとめると、空気を口でホールドするというのが日本語と英語の大きな違いだとわかります。

pとbの発音の際、最初は唇を閉じて、空気を溜め、音が出るタイミングは空気の量によるので、待ちます。

これが最初は難しいようです。

慣れると一瞬で同じ音を出せるようになるのですが、最初は唇の閉じる力と空気を押し出す力のバランスがあるので、任せるしかないのです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について