英語を母国語として身につける

最近 娘が できるようになったこと

気づけば、娘ができるようになっていたこと。

最近で言えば、昨夜みた夢の説明を細かくできるようになった。

「家に帰ると誰もいなくて、パパをカーテンの後ろに見つけて、ママはモンスターに捕まっていて…」

長い話を延々と出来るようになっている。

 

二人きりでなければ、それほど集中して話すことはないが、保育園の迎えの時間から夕方までは二人きり。

そこで英語で話しまくる。

私は話す前に「構えない」という方法を時々忘れるので、そこだけ注意して、二人の会話を楽しむ。

保育園のこと、自分のこと、世の中のこと、そしてファンタシーな想像の会話。

そういった会話が、いつのまにか長くなっている。

 

世の中は相変わらず、「教える」と「教わる」で英語を捉えている。

その固まった頭では、まったくこの状況を理解できない。

たぶん、私の本を読んでもまったく受け入れることができないだろう。

 

母国語というのは、恐ろしいほどミステリーが詰まっていて、理解の範疇を超えている。

「単語や言い方をもっと知りたい」と思っている人には、到底理解できない。

 

そして、「音を聴く」という人間の能力の魅力にも、気づかないのだ。