英語を母国語として身につける

I’m not dead at all!   not at allを自然に。

最近の本当によくしゃべる。しゃべりたくて仕方が無いという感じだ。

そのなかでたくさんの驚きがある。

そんな表現を自然にできるのかというもの。

前にも出てきたが、not at allも私の口からそんなに頻繁に出てこないので驚く。

娘も口に出したことはあったが、私の前では久しぶりに口にした。

ヒーローが戦ったり死んだりする遊びをしていた夜のこと。

I’m not dead at all!

が出たのだ。

発音もアイムナッデッダローと自然。

 

昨日の帰りの車では、最近めまいが多いママについて

I want to make her feel better.

タコについて説明したくて

the most biggest seafood.

比較級の話をしたばかりだが、最上級も自然と使っている。

 

they look great.

というのも気になった。it looksと言うときもあるのに、theyではlookになる。

 

もし、これらの言い方を私がしつこく教えていれば驚きはないのかもしれないが、教えていないから驚くのだ。

彼女にはネイティブのティーチャーも母親も父親もいない。

英語のクラスも英語の保育園も幼稚園もない。