英語を母国語として身につける

Illusionは”イリュージョン”ではなかった。

娘が妻に、「手でお腹をさわったら、手が通り抜けて…」と生まれたときの話をしていたらしく、それを

「アリュージャン」

と表現していた。

妻は何だろうと思い、意味を調べたらフランス語で「金」という意味だったらしい。

 

翌日、娘と私が二人で歩いていると、魔法の話をし始めた。

そのとき娘が、「アリュージャン」と確かにいった。

それは、幻想、イリュージョンの意味だった。

 

妻は帰ってきて、娘に

「アリュージャンじゃないよ、イリュージョンでしょ」と言った。

私はすかさずiPhoneでillusionを調べて妻に聴かせた。

発音は

アリュージャン

妻は「イリュージョンじゃないのか…」とショックを受けていたが、厳密に言うと、最初のアは「イとエの中間」と呼ばれる曖昧なもので、イとはっきり発音する人もいる。

アとはっきり発音するとAllusion(まやかし)という単語もあるので、あくまで弱いアだ。

ジャンの部分に関しても同じで、日本人にはジャンにもジョンにも聴き取れる、まさに中間点。

なので、アリュージャンのときもあれば、アリュージョンだったり、イリュージャンだったり、イリュージョンだったりするのだ。

全部を曖昧にすると、それっぽく聞こえるのは間違いない。