それでも聴き取れないなら。

母国語を習得するのと同じ方法でやれば、大人も英語を母国語のように習得できるという予測のもと、さまざまな方法を提示してきたが、それでも実際の英語を聴いていると頭に音が入ってこないというならば、考え方としてこういう方法もある。

 

まず、英語と日本語の違いを認識すること。

・日本語(標準語)はフラットである

・英語はフラットではない(アクセントがある)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について