「ストレス」を制するものは聴き取りも発音も制す。

「アクセントがわかれば、英語の聴き取りはずっと楽になる」というのは、どうして赤んぼうや子どもは母国語をどんどん覚えていくのかという疑問から判明したもの。

そして、実際に大人が第二外国語として英語を聴くときにも、アクセントを制すると聴き取り能力が大幅にアップする。

私自身、それを強烈に実感しているから間違いない。

 

英語では「ストレス」という。

強いアクセントを入れる部分を、ストレスと呼ぶのだ。

特長として、感情を込める場合にストレスの手前を伸ばす。たとえば、アシスタントという言葉でシにストレスがある場合、ア〜〜〜シスタントと、手前の言葉を伸ばすことができるのだ。

それによって感情を込める使い方ができる。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について