英語を母国語として身につける

フラップTとパイプ音の魅力

 

フラップTというのはアメリカ英語で顕著な現象で、リアルTと呼ばれるシルバル(子音)の破裂音T(ッ)ではなく、リやラといった音に変わることを言う。

専門用語を使うと複雑な感じだが、実際はシンプルで楽しい。私は「パイプ音」と言って勝手に愉しんでいる。

ーーー

アメリカ英語の発音で「楽しい」と言えるのが、このフラップTと破裂音を含む「パイプ音(造語)」だ。

Water のtはフラップTで、ネイティブとしては「D」だという人もいるが、日本人としてはラ行のほうに近い。

Tは常に上の前歯の少し上あたりを軽く触れてすぐ離すという感じで小さく「ッ」と破裂させる。

舌の動きはリアルTでもフラップTでも同じで、同じ方法で破裂感をなくしたバージョンがフラップTだ。

私がこのフラップTで好きなのが、こんな発音。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について