英語を母国語として身につける

「母国語イングリッシュ」の修得におけるポイント

「母国語イングリッシュ」の修得におけるポイントをもう一度まとめたい。

簡単にはできないかもしれないが、理論はシンプルだ。

 

 

1 英語の順で聞き、理解する(ネイティブと同じ方法で理解する)

2 ストレス、破裂音、フラップTを中心とした発音(日本人が苦手な発音方法を理解する)

3 イントネーションを使って言葉を出し続ける(英語が出てこない原因を克服する)

 

言葉にすると簡単なこの3つの要素を中心に、今度も実践と修得のためのポイントを紹介していく。

1については「よく聞く言葉」かもしれないが、実践となると難しい。

また、これを大事な要素と本当に認識するまで時間がかかる場合が多く、これこそが母国語としてシンプルに英語を修得する要素だと気づけば、上達は早い。

2は発音と聴き取りのコツになる部分で、意識せずに大人が修得することはまずない。日本人のみならず、世界中の人が苦手とするアメリカ英語の特長だ。

3は英語を理解し、話せるようになっても、実際に日常生活や人前で言葉が出てこないという現象を解明し、克服するもの。これにも信じられないような秘密が多く隠されていて、まだまだ探究は足りない。

 

以上の要素を突き詰めていけば、一度真面目に勉強してしまった英語の脳を一度解体し、再構築できるはずだ。