英語を母国語として身につける

not at allを初めて使った。

10月30日 3歳5ヶ月 not at allを初めて使った。

「全然違う」という意味のnot at all。私はこれをあまり使う機会がないけれど、もちろんネイティブの人たちは頻繁に使う。詠も自然に使ってくれればいいなと思っていたら、この日に使った。

しながわ水族館から自宅までの帰り道。車中で、私は「我はキングなり。彼女はプリンセスである!」みたいなことを英語で叫んでいた。全部、詠の指示である。

私の声が小さいと、「もっと大きく!」。「これも言って!」と細かく指示がある。

それを続けていて、私が上手に言えたと思ったとき、「どう?」と聞いてみた。それに対して、

That wasn’t good at all.(全然よくない)

「え?」と思い、聞き返してしまった。

最後にat allをつけていたからだ。

彼女はもう一度はっきりと、

That wasn’t good at all.

と繰り返した。

オーマイガッシュ。


本『娘に英語で話し続けたら、2歳で英語がペラペラになった。』の日記部分続きです。

0歳から娘に英語で話し続けたら、2歳で話すようになりました。


  
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です