「感情」を使い、英語を母国語として身につける

asにおける順番通りの理解の仕方。

ある程度のスピードの英語は聴きとれても、ニュース番組やバラエティになるとスピードはぐんと上がって聴きとれなくなる。

そんなことは英語学習のプロセスにおいて当然あることで、いきなりそのスピードを目指す必要はまったくない。

もしくは、そこまでやる必要はないという意見もあるかもしれない。

だが、母国語的には何も考えずにただ聞いていれば自然に意味が入ってくるというレベルにまで到達したい。

いつのまにかPCのキーボードを何も考えずに打てるようになるみたいに。

 

そのためには、本当に絶対的に、順番通りに聞いて理解することで、あの速い報道番組のスピードを、いちいちひっくり返したり悩んだりしている暇があるわけがない。

「聴くだけで」は理想的だが、大人はゆっくりと本を読みながら実践することもできる。

たとえば、asにおける順番通りの理解の仕方だ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について