「感情」を使い、英語を母国語として身につける

You’re gonna wanna の使い方。

You’re gonna wanna は直訳すると「したくなるわよ」だが、実際は違うし、文法的には正しくないらしい。

これを使うのは少し上から目線で、教師とか講師、上司、親が使う。

丁寧な命令をするときに使える言い方で、ニュアンスとしては、「〜してください」「〜するといいわ」という感じだ。

 

 

どうしてgonnaとwannaを繋いでそういう命令形になるのかというと、そもそもgonnaは親が子どもによく使う。

日本語でも「落とさないわよ」と親が子どもに言ったりするが、未来形だったりする。

「にんじん食べるわよ〜」と進行形で話したりするのだ。

なので、You’re gonna eat the carrot. で、やさしい命令形になる。

 

You’re gonna wanna は、それにさらにwannaを足しているので、それより少し丁寧になる。

You’re gonnaだけだと、親から言われているみたいで大人はムッとなるが、wannaが入ることで和らぐ。

実はwanna単体でも親が子どもに言うときにやさしい命令形になり、gonnaと同じ役割があるので、同じものを二つ繋げただけで、「〜したくなる」という意味にはならない。

 

 

道を訊かれたときには、この言い方はぴったりだ。

You’re gonna wanna go straight, ~~

まっすぐ行ってください。〜〜〜

 

けっしてムッとされることはない。

 

 

ちなみに、「〜したくなる」は日本語のニュアンスで探すとあまりない。

似たものに

I feel I want

I come to want

があり、becomeは使われない。