「接続詞」と考えるまでもない、シンプルなthat(that節)。 省略できるかどうかは要注意

学校で接続詞のthat(that節)を学ぶときは、関係代名詞whatとの違いが強調されたり、単純に「〜こと」と訳すと教わるが、実生活ではもっと重要度が高いように思える。

たとえば、接続詞thatも関係代名詞whatも、娘の場合は自然と3歳4歳で覚え、使うようになった。

その際、二つの違いや、「接続詞」という日本語を知ることなく、今も使っている。

thatの場合、I know that you took that.  それを取ったこと知ってるよ。

という感じで使うが、シンプルに考えると非常に実用的で、使いやすい。

 

この、「〜ってこと」という言い方は、世界共通だ。世界中の誰しも、「〜ってこと」という言い方をしたい。

この言い方がないと、日常生活でいろいろ説明するのが難しい。

日本語のパターンでは、「誰々が、何をしたってこと」を、「○○だ」と言う場合。

日常生活でさんざん使いこなしているはずだ。

英語で暮らしても同じで、非常にシンプルにthatを「〜のこと」として使う。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について