英語を母国語として身につける

「スリッピー」は存在しない。

12月2日  3歳7ヶ月 「スリッピー」は存在しない。

朝、うずらの卵にフォークがなかなか刺さらなくて、「滑るよ~」と娘が言う。

イッツスリッパリー!

以前からスリッパリーと彼女はよく使っていて、私は「スリッピーじゃないのか」と悶々としながら放置していた。しかしこの日、ネットでついに調べてみた。

翻訳ソフトで、「よく滑ります」と入れてみる。

出てきたのは、

Really slippery.

だった。

スリッパリーという言い方、存在していた。

では、「スリッピー」という言葉は、存在するのかしないのか。

「スリッピーな場所」と打ち込んでみた。

答えは、

SURIPPI, place

つまり、存在しない。

娘に「間違いだ」と指摘しなくて良かった…。

「言い間違いを指摘しない」という方法はここ最近、有効になってきている…。

なぜなら娘のほうが正しい場合が多いからだ。


「娘に英語で話し続けたら日記」

本『娘に英語で話し続けたら、2歳で英語がペラペラになった。』の日記部分続きです。

0歳から娘に英語で話し続けたら、2歳で話すようになりました。

http://amzn.asia/duRbRgB


  
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です