「感情」を使い、英語を母国語として身につける

Even thoughに込められる批難や皮肉の感情

娘がEven thoughを何度か朝に使ってきたので、また悶々と考えてしまった。前にも書いた、「のに」としてのEven thoughだ。

英語を解説するネイティブであっても、Even thoughとAlthoughはほぼ同じで、「だけれども」「のに」の二つの意味があると解く。

だが、日本語では「だけれども」「のに」の意味は微妙に違う。

「のに」に対応する他の言葉は

spite

in spite of

だが、

Spiteは次に名刺がくる。 

例  despite the snow その雪にもかかわらず

In spite of being rich  リッチであるのにも関わらず

たしかに意味としては同じ。だが、「寒いのにな」とか、「暑いのに、食べるの?」と言いたいときに、「にも関わらず」とはわざわざ言わない。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について