マザータング式現在完了009 スタンダードの経験と結果のgone

マザータング式現在完了009 スタンダードの経験と結果のgone

経験は、「現在完了といえば経験」と考えるネイティブもいるくらい、スタンダードだ。

have meet は「会ったことがある」となる。haveが「がある」の役目になる。

日本語では「みている」という訳でもいい。

やはり「いつ」かは言わない。何回かは言う。everとneverが入ることが多い。

I’ve ever been to NY two times.

I’ve been to NY before.

「いつ」かは言わないので、yesterdayも使えない。

「昨日NYに行ったことがある」だと日本語でもおかしい。

「2回NYに行った」なのに過去形や現在形をとるのも本当はおかしい。

I went to NY two times. とは言わない。

亡くなった人の話の場合は過去形にするので、生きている人では使わないのだ。

She went to NY two times.

もし「今年」といったUnfinished Time Wordを入れたら分類のUnfinished Time Wordになる。

I haven’t been to NY yet this year. (今年はまだNYに行っていない)

I’ve been to NY twice this year. (今年は2回NYに行っている)

何か達成した場合は、たとえば

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について