マザータング式現在完了014 オプション 現在完了で勘違いしそうなことまとめ 02

マザータング式現在完了014 オプション 現在完了で勘違いしそうなことまとめ 02

Meetは初対面、seeは2回目以降

経験で有名人と会ったときは、

He has met ○○.

で、直訳は「会ったことがある」となる。meetは初対面のときに使われ、2回目以降はseeになる。ミーティング的に約束をして会うときなどはmeetも使われる。

経験にあたる使い方が多いbeenやmetでも、普通に「行っている」「会っている」という使い方にもなる。

Unfinished Time Wordの場合と、完了の場合だ。

I have seen him today.  (今日は彼に会ってるよ  Unfinished Time Word)

I have already been to school.(もう学校に行っているよ。 完了、もう帰ってきている)

ここで、すべてを理解したうえで、登場していただきたいものがある。

I’ve ever seen that.

だ。

この使い方は多く、ここから実践的に覚えている人も多いはずだ。

話すし、聞くのだから、この使い方は「ある」。

だが、状態動詞の「見える」が、どうして経験の使い方になるのだろうか。

現在完了を理解すると、「それは動作動詞もあるからです」となる。

だが、seeの動作動詞は「会う」「経験する」「遭遇する」という意味になる。

例 I’ll see a doctor.  医者に会う、診てもらう

I’ll go to see a movie.  映画を観に行く

なので、

I’ve just seen her. という完了の言い方は「彼女にちょうど会ったところです」となってしまう。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について