実生活で使える「if」を学ぶ方法 文法から学ぶと使えなくなるifの秘密 001

実生活で使える「if」を学ぶ方法 文法から学ぶと使えなくなるifの秘密 001

ifは実際に生活の中で使おうとすると、迷うときがいくらでもある。

教わってきたifは複雑で、勉強に対応できても、実際に使えないのだ。

何が問題で、どうすればいいのか、母国語としての習得をヒントに紐解いてみよう。

ifを幼児が最初に使うとすれば、たとえば

I (will) take it if you want.

といったシンプルなものだ。

親は

You can do it if you want.

といった使い方をよくするので、こういった使い方を真似する。

ifにはさまざまな使い方があるが、幼児期はif you want的な使い方ばかりをするので、まずはそれを会得する。

「欲しかったら、○○だよ」というパターンだ。

この使い方の場合、ifのあとは現在形を使う感覚も自然と理解する(直接法などと考えない)。

文法的には、「副詞節だから現在のこと、未来のことは現在形にする」と云えるが、子どもはそんなことは考えない。

そして、しばらくたってから、学校で習ったあの仮定法を使い始める。

If I were(wasでもいい) a bird,

というやつだ。

子どもは本当に、「プリンセスだったら、○○なのにな」みたいなことを言う。

I could fly if I were a bird.

娘の場合だが、wereとwasの違いは適当で、couldを最初から使えていたかは覚えていない。

ただ、ここで最初のif you want. との大きな違いは、過去形を使うことだ。

日本語では、「だったらなぁ」の部分で、これによって「現実と違う」というニュアンスも把握する。

また、強引な解釈かもしれないが、「もし」から「もしも」のニュアンスの違いもある。

過去形にすることで、「もしも」が入ってくる。

この「もしも」のif以下には、幼児としては「時制はない」と捉えている。

wereは過去という意味はなく、単に「現実ではない」という意味で、日本語でも同じだ。

「だったら」という言葉に、現在も未来もない。

そこで、「もしもにそこにいたとしたら」と言いたいときに、

if I were there. と表現するとする。これは、未来のことでも現在のことでもいいし、強引に言うと過去のことでもいい。

I would do that if I were there.  (もしそこにいたとしたら、やるだろうね)

だが、日本人としてはここで迷ってしまう。

迷うポイントは、

ifのあとに現在形を使うべきか、過去形を使うべきか

未来、現在、過去、どう使い分けるのか

というところだ。

実生活や会話で使ってみると、そういう壁にぶち当たる。

今自分がいおうとしてることは、どっちのifなんだろう? と。

この混乱を収束させるためには、こう考える。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について