マザータング式現在完了013 オプション 現在完了で勘違いしそうなことまとめ 01

マザータング式現在完了013 オプション 現在完了で勘違いしそうなことまとめ 01

過去完了は文章や大過去だけではない

過去完了で用いる場合は、

I’d always found that ~

という感じで、「~をいつも見つけていた」となる。

学校で教わった

I realized that you had done that. (君がもうそれを終えていたとわかった)

という使い方は、最初の過去形よりも前に何かがあったことを示すということ(大過去)だったが、過去完了は実際、単独の口語で使ってもかまわない。

文章では現在完了を使う時に、それ自体が過去になることが多いから、過去完了が多用される。

It had just come in, she said. (ちょうど入荷したところなのよ、と彼女は言った)

状態動詞と動作動詞を両方持つ単語がある

seeは状態動詞と動作動詞がある

状態動詞のseeは「見える」

動作動詞のseeは「会う」

seeが状態動詞のseeだけだと思っている人にとっては、

I’ve seen you. (私はあなたを見ている)

という継続だけになる。だが実際は、「会う」という動作動詞でもあるので、

I’ve just seen him. (ちょうど彼と会っていたところです)

で完了用法にもなる。

このように、状態動詞の中で動作動詞の意味があるものがある。

状態動詞のthinkは「思っている」

動作動詞のthinkは「考える」

I think that you are great. の場合は状態動詞だと考えるとわかりやすい。

I’ve thought は「ずっと思っている」になり、「ずっと考えている」は

I’ve been thinkingになる。

この場合、結果的に完了用法は使えない。

状態動詞のhaveは「持っている」

動作動詞のhaveは「食べている、とっている」

I’m having dinner now. は、動作動詞。

I’ve had は「ずっと持っている」になる。

Forgetの使い方

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について