世界の言語は音と語順で成り立っている 003

世界の言語は音と語順で成り立っている  003

Who What Whyという英語的な語順をベーシックに捉えることは、リスニングでもスピーキングでも大きな武器となる。

だけども、今までも多く人が語順として考えていたのは、Whatの中身の部分だ。

You give it to me.

You give me that.

が一つの例となる。

目的語が動詞とダイレクトに繋がる場合の順序は、me that になる。ダイレクトのitと、前置詞を使うインダイレクト(to me)のものが並ぶと、ダイレクトが最初でインダイレクトが次に来る。

この違いは感覚で覚えるだけだけども、分析するとこういう説明になる。

次に、

 I have a pen.

だと、「私はペンを持っています」なので、英語の語順にすると「私は 持っています ペンを」となる。

英語を話すときに、I haveという動機が先に出てくるということになり、絶対的な課題になる。

「ペンを持っている」というイメージを、have a penの順序で置いていけるかどうか。

これは、シンプルに考えると、「英語で相手に伝えるためには、この順序だから」と割り切るだけのことだ。

I want to do it.

I want you to do it.

も日本語とは違う語順になる。

「私は したい それを」「私は ほしい あなたに して それを」

という感じでめちゃくちゃだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について