英語の区切りどころ 002

英語の区切りどころ 002

英語学習や英会話にある程度慣れてくると、いろいろと区切りのペースがわかってきます。

ネイティブスピーカーは「ある程度まとめて素早く言いきる」というのをやっていて、それを数珠つなぎのように繋げていく話し方をしています。

英語学習の初期は、読んでも話してもそれができません。

でも、学習を重ねて技術が上がってきてから、積極的に意識してやってみると、「会話がしやすい」と感じるはずです。

ただし、これを「ただ素早く話せば良い」と捉えてしまうと上手くいきません。

ストレスの位置、母音の正確さ、子音のブレスの強さ、リンキングの正確さなどがあって、はじめて使えるテクニックです。

また、区切ってもそれが息継ぎとは限りません。

あまりに長ければ途中でブレスはしますが、短いものであれば吐き続けている息を少しとめるだけです。

どこで区切ればいいかというのは、カジュアルトークからしか学べません。

映画や英語コーチ、ビジネストークにはそういう特長は表れないからです。

友人同士の会話に出てくるものです。

基本として区切る場所は「,」の位置です。

映画「2番目のキス」のあるシーンで登場するセリフは、ほぼカンマで区切られています。

If I’m with a guy

for 11 months,

and I think I might be having his child,

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について