「感情」を使い、英語を母国語として身につける

未知の発音「ダークL」の真実 世界各国で理解されない「口をすぼめない」発音

娘が1歳のころ、ある本についていた発音を真似して

I will

と言ったとき、何か自分のI willと違い、ネイティブ感が満載だったのが不思議だった。

未だにそうなのだが、それを感じる単語は

Sealのような最後にlが来るものやMilkのように子音の前に来るもの。

どういう音になるかというと、

will ウィオ Seal シイオ Milk ミオク

と、オのような音に聞こえる。

最初はウィユ、シィユと聞こえていたのだが、オの方が近い。

Lの発音は基本として舌を葉の上の歯茎、葉の裏にぐっとつけるか、ネイティブの人は舌で挟む人もいる。

ルウーーという音になるが、当然これがWillのllにも採用されると思うはずだ。

しかし、実際は最初のLがそうなだけで、後半のllは違う。

最初のLはLight Lと呼び、後者はDark Lと呼ぶ。

もしLight LでWillを発音すると、ウィウとなる。最後のウは実際にはルだが、ウに近い音になる。口は横に開き、エの母音の影響を受ける。

しかし、娘はそうは発音しない。

それがまさにDark Lの発音法だ。

Dark Lに対する日本人の理解力はまだ乏しく、オとウの口にして、少しすぼめるのだと主張する人がいる。

ブラジルではOH(口をすぼめたオー)だと言われていて、E-mailをE-mai-ohのように発音すればいいとなっていて、苦戦している。

答えは、オ(ル)なのだが、これもカタカナだけでは表現できない。

簡単に伝えるのに、Pullがある。

プオと発音するが、最後にルを入れても入れなくてもいい。

feelはフィーオ、coolはクーオになる。Willは先に述べたとおり、ウィオ、Helpはヘオプ。

オは喉を使い、口はそんなに開けなくていい。

「あーあ」とため息をつくような感じだ。

llの場合は最後にルを少し足してもいい。

Light LとDark L。

前に娘に何かを訊かれて、私がある単語(Dark Lの発音)をLight Lで発音して教えたのに、Dark Lの発音で確かめてきた。私のLight Lは勝手に彼女によって矯正されるのだ。

追記

The Front LとThe back Lと呼ぶ人もいる。

また、back Lは舌をどこにもつけないが、たとえばHelpのときに付ける人もいる。