英語を母国語として身につける

I got the job done! 完了や使役という言葉を忘れて使い切ろう!

I got the job done!

と娘が言った。

どこかに出かけようとしていて、「はやく用意して〜」と自分が言ったことに対する返答で、「用意が終わったよ」という意味で言ったようだ。

本来は「仕事片付けたよ」という感じだが、「用意という仕事を終わらせたよ」ということにもなるので、間違っていない。

なによりも、この表現は私には使いづらいと思ってただけに、見事に使ったなと思った。

なぜなら、こういう表現は勉強においてテスト対策として、いくつかのパターンを一気に覚える。

日本語で言うと、使役、完了、被害というのがあって、どこに強勢を置くかが違ったりする。

ややこしいのだ。

こういう覚えた方をした場合、実際の英会話では使いづらくなる。

 

だけども、子どもは他の表現を一緒に覚えてない。

どこかで I got the job done. と言っているのを聞けば、それを覚えて真似するだけだ。

しっかり身についたころに、類似表現を覚える。

だから迷わない。

 

テスト勉強で英語を覚えた私のような人間は、すぐに比較したり思い出そうとするので、迷ってしまう。

だからスピード重視の英会話では出てこないのだ。

 

ただ、この表現は実際、よくネイティブの会話に出てくる。

最後のdoneをちょっと強く言う感じで、特長があるので覚えやすい。

これは完了という使い方だと思うが、他の表現をわすれて、しばらくこれだけ使うことにしよう。

 


 

念のため、他の使い方や用法を記しておく。

 

完了)

get something done

のsomethingは、人以外。その場合のみ、done(過去分詞)が使われる。

人の場合はto がつき、さらに原型になる。 get my baby to sleep 赤んぼうを寝かしつける

 

被害)

I got my phone stolen last night. 電話を盗まれちゃった

この場合も強勢がstolenに置かれるので、完了と同じ。

 

使役)

I’ll have the house cleaned.

自分以外の人に部屋を掃除させる場合に使う。強勢はhaveに来る。