英語を母国語として身につける

Sideway! 娘が叫ぶ。 「横向き」ってHorizontallyだけだと思っていたら。

最近はMostly(たいていは), とかEvery time(するごとに)とか、冒頭のバリエーションが増えてきて頼もしい娘だが、関心したのは、「横にして!」の言い方。


 

リビングにいた娘が私を呼んで、

Side way! Side way!

と言った。

一瞬、ん? となったが、「横向きか」と判断。

抱きかかえて横向きにすると、飛行機のポーズをして遊びだした。

 

私のような日本人の英語学習者は、現地の暮らしでネイティブの人と暮らしたことがないので、こういった「横にして」という基本的な言い方を知らない。

でも、「縦横はなんて言うのか」という疑問は当然湧くから、以前調べたときから

縦がVertical, 横がHorizonと覚えていて、副詞としてVerticallyとか、Horizontallyという言い方を知っていた。

絵を描くときくらいにしか使わないが、そうするとDraw a line vertically. となる。

 

Sidewayはあのワインを飲み歩く映画のタイトルだし、訳すと「脇道」だ。

でも、sidewayを直訳すると、横向きだ。

じゃあ、縦向きは? と聞くと、いろいろ考えて、Upway! と答えた。

実際はUpwardなのだが、自分でクリエイトしていくとUpwayになったというわけだ。

Up wayは「向上」という意味でも使われるらしい。

 

他に、上向き姿勢はoverhead position、上向きになるはturn upward。

では、Sidewayはどうなのか。

今、こうして書いている時点で私は何も知らないのだが、Web検索してみると、

「横向きになる」が Turn sideways もしくは Face sideways と出てきた…。

 

Sidewayって、Horizontallyよりも直接的でわかりやすい「横向き」だなあと思っていたが、Upwayが違ったのでSidewayも違うだろうと心がDiagonal(斜め)になっていたのに、正解だった…。

 

自分で英語を教えるとなると、間違った英語を教えてしまうかもしれないので不安だが、このようにして子どもは勝手に英語を覚えていく。

一度英語の壁を取り払って興味を持つものを英語で聞くようになれば、勝手に覚えていく。

自分が教えてないのだから、「間違ったこと教えてしまった…」と後悔することなく、日々増えていく語彙に関心するだけだ。