リダクション クン、プロウリィ、フェノーメノーとは?

アメリカ英語にはリダクション(脱落)という特長があって、世の中に出回っている発音記号とまったく違う場合がある。

たとえばCanはクンで、can’tが平たく言うとキャンだったりする。

クンは私が使っている影響で娘にも伝染中だ。

アイ・クン・ドゥー・イッはわかるけど、キャニュー・ドゥー・イッ?もクンニュー・ドゥー・イッ?になるから凄い。

 

他に、プロバブリィはプロブリィだったり、プロウリィになったりする。もちろん、プロバブリィとはっきり言う人もいる。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について