「感情」はスピーキングだけでなく、リスニングも制する。

母国語的なリスニングとは、文法的な翻訳を意識せず、一語一語をただ順番に聴きながら理解していくこと。

だけども、日本語的な脳では、それがまず最初にできない。

「感情」を入れて話す方法は、単語の一つひとつに気持ちを入れて話すという意味。

これを、リスニングでも応用すると、面白いことが起きてくる。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について