「感情」を使い、英語を母国語として身につける

言語は感情で覚える。

私がひろめたいと単純に思っているのは、この言語と感情の関係だ。

ディティールを抜きにすると、最終的な答えは、この感情となる。

英語を覚える上で、そのメソッドの中に「感情を使いながら」という表現は多いが、主役が「感情」なのだ。

その重要性は、単語の意味よりも上にある。

理由や解釈はまたの機会にするとして、この「感情」によって解けた謎をここで書きたい。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について