「感情」を使い、英語を母国語として身につける

「OH」「Yeah」「No」だけでコミュニケーション

「英語が話せない」という人に、「Oh」「Yeah」「No」だけでコミュニケーションをしてみようと誘っても、誰もしないと冒頭で書いた。

できるのだけど、できない。

お酒を飲んで酔っ払ったらできる。

何度も実験したが、誰もできない。

「Oh」「Yeah」「No」は訳す必要がないほど簡単な意味なのに、人はもっと難しい単語や文法に興味を持つ。

じゃあ、その難しい文法を実際にネイティブを前にしていつ使うのか? という問いには誰も答えられない。

極端な言い方をすれば、「Oh」「Yeah」「No」を使いこなした時点で、「英語はあなたの母国語になった」と、言うことができる。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について