「感情」を使い、英語を母国語として身につける

リスニングはリズムを合わせる 前編

英語を勉強していて、一人で練習しているとだんだん上手くなっている感じがするとして、いざネイティブを相手に話すと、そうでもないと感じる。そんな経験はないだろうか。

要因はさまざまだが、ひとつに、「リズムが合っていない」というのがあるかもしれない。

このリズムというのはやっかいで、なんとなく一人ではできているようでも、実践ではなかなか活かされないのだ。

やはり感情、フィーリングといったものが中途半端になるとリズムが刻めなくなる。

アメリカのネイティブの話し方を聴いていると、地方の差はあれども、あるリズムを基にして話されている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について