「感情」を使い、英語を母国語として身につける

組み合わさり一語になる。

一語一語、順番に考え、言うといっても、いくつかの言葉はやがてまとめられていく。

例えば、Do youは「デュー」という一言になる。言葉としては、「デュー」「ワナ」「ゴー?」(Do you wanna go?)と三文節になる。

「服を着る」は put it on だが、これも一語になり、「プリロン」になる。

その場合はputのあとに次の言葉を考えて…とはならない。

「裏表逆」のinside outも一語になり、「インサイダウト」だから、

I put it on inside out は、「アイ」「プリロン」「インサイダウト」と三語になるのだ。

これは、日本語に慣れた我々にはいつまでたっても理解しにくいというか、理解したようでしていないという部分だ。

使うときには音は一語となる。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について