「感情」を使い、英語を母国語として身につける

リスニング修行中の課題と理解の順序

母国語イングリッシュの方式でリスニング能力を鍛えていて、当然ながら課題は出てくる。

たとえば、ある程度やると聴き取りもできて、意味もわかるようになるため、それに集中してしまう。

だが、それはあくまで、聴き取れ、意味ができるスピードにおいてだ。

英語を教えようとするネイティブスピーカーの会話は簡単なので、ある程度で聴き取れるようになる。だけども、そのレベルで実際の英会話をしたり、ネイティブのくだけた速い英語を聴くと、それはできない。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について