英語を母国語として身につける

Otherwise さもなくば。

3月2日 Otherwise さもなくば。

 

帰り道で「惑星はノーマルになって人のコスチュームを火星に送って…」と少し意味不明の話をし始めたので、立ち止まって二人で話していた。

すると、

Otherwise…と言う。

知っている言葉なのに、会話の中に突然あらわれると意味がよくわからない。

それでも連発するので、なんとなく

「さもなくば」

的な意味だろうとは推測できるけど、落ち着いて考えれば昔勉強した言葉なんだからわかるはず。

でも普段使っていないとやはり戸惑う。

また、こういう言い回しは一回使ったあとしばらく使わないパターンが結構多い気がする。

 

Otherwiseの使い方

Otherwiseは「さもなくば」という訳が一般的だが、「他だったら、他は」というイメージのほうが正しい。

「他(other)の方向、方法(wise)では」というイメージですべての言い回しに繋がる。

I made it with this, otherwise I couldn’t have gone. それで成功したよ。そうじゃなければ(他の方法では)行けなかった。

というIfの意味を込めた「さもなくば」はもちろん、

That part is good, otherwise awesome. その部分はいいね。他は「最高」だね。

という「他は」の意味での使用にもいい。

さらに、

You can take otherwise. で、「他のを取っていいよ」ともなる。

「他」のあとはいろいろ意味会いがかわるけども、「他」がとにかく強いのがOtherwiseだ。

 

 

 


  
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です