3月8日 Wait up!   ちょっと待ってよ

3月8日 Wait up!

「言語において教育をあまりしてはいけない」と私は子育ての間に思うようになって、あまり言葉の間違いを指摘しすぎないようにしている。というのも、私はネイティブスピーカーではないから、たまに「そういういい方はしないよ」と指摘をしても、あとで娘のほうが正しいことがあるからだ。また、細かい指摘をして、言葉が出てこなくなるような気がするので、間違っても自由に話させるようにしていた。

しかし。

先日トイレで、娘が

Wait up!

と言った。私はそんな使い方はないだろうという意味で、

It sounds like wake up. (起きて みたいに聞こえるね)

と返した。

さすがにWait upはないだろうと思っていたのだ。

数日後、『魔女の宅急便』を英語で観ていると、トンボがキキに向かって言った。

Wait up! (待ってよ!)

また私は勝手な親心で間違った指摘をしてしまったのだった。

ひたすら反省。

 

Wait upの使い方

 

トイレで娘がそういったのは、私が立ち去ろうとしたとき。

「行かないで!」の意味で使っていた。

トンボもそう。

なので、立ち去ろうとする人に向けて言うイメージらしい。

でも、同じシチュエーションで Wait! だけでももちろんいい。

待って〜か、待ってくれ〜くらいの違いだ。

 

 

 

 

 


  
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です