英語を母国語として身につける

Make my teeth better!

Make my teeth better!

 

9月29日 3歳5ヶ月 自然なリエゾン

 

歯科検診で待っているときに、

Make my teeth better! (私の歯を良くしよう!)

と独り言を呟いていた。ベターの発音がよくて関心する。そういえば、今日の駐車場の帰り道でも、

Run!

の発音が良くて最初聴き取れなかった。何度も聴いているのにおかしい…。

歯科検診の帰り道にはこんなこともあった。途中、中華のお店で餃子が売っているので、自分用に買うことにした。詠はそんなに餃子が好きではない。すると、お金を払っているときに詠が何か言っている。

I don’t think it’s a good idea. (いい案だとは思わないな ※私は餃子は好きじゃないのに)

彼女にとっては初めての言い方。私の言い方の真似だと思うが、意味はわかって使っていると思う。

家に帰ってごはんを食べていると、突然食べるのをやめて詠は黙った。

私の顔が疑問符になっていると、詠が

What’s wrong? (どうしたの?)

と聞いてくる。私は

Why don’t you eat more?(どうしてももっと食べないの?)と訊いた。

 

その質問に対する詠の返しが、私には

I meeting.  に聞こえた。「私ミーティング」みたいな感じで変なので聞き返したら、また同じ発音を繰り返す。はっと気づいた。

I’m eating. (食べてるの)だ!

mとeを完全にリエゾンさせていて、アイミーティンになっていた。完全に正しい。

やはりリエゾンは、教えなくても自然に発生するのだという証明だった。

考えてみると、私はイーティングのイーを強調しているのか、アイムイーティンとなる。少しmとeの間にスペースを作っているのだ。詠はまったく作らない。だから完全にミーになっている。

正しい。


  
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です