英語を母国語として身につける

ウープシーデイジー(oopsie-daisy) の謎。

娘がモノを落としたときなどに出る言葉が、

ウープシーデイジー

どこから覚えたのか知らないけれど、なぜかウープシーにデイジーが付く。

彼女が1歳くらいのときに、ウープスをウープシーと言い換えたらゲラゲラ笑っていたので、ウープシーを覚えたのは早いほうなのだけども、頻繁に使うのは

ウープシーデイジー

 

どういう意味なのかというと、

「おっとっと」「おーっと」みたいな意味で、ウープシーもデイジーもほぼ同じ。

今日、意味を聞いてみた。

「オーマイガッド?」と私が振ると、

「イエイエイエー!」と言っていた。

 

英語表記はまちまちで、

oopsie-daisy, upsie-daisy, whoopsie-daisy, up-a-daisy

カタカナではウプシーデイジーと表記している人が多い。

 

英語辞書によると、「転んだり、何かをこぼしたとき」で、デイジーは花のデイジーとは全く関係ないそうだ。

興味深いのは、元々は「up a day」だという説。

これは「a lack a day(ああ、なんて日だ lackaday)」の変化したもので、少し強烈。

汚い大人の言葉でいうと、Sh○○! くらいの強烈な叫びだったのが、子どものために優しい響きに変化していったようだ。

Lazyは怠惰という意味なので、失敗したときに「Lazy」と言いたいところを子ども風にデイジーになったのかもしれない。

 

ということは、ウップス、ウップシーとは関係ないということなのか。

アッパデイから、ウップスを忍び込ませて、デイジーに変化してウプシーデイジーなのか。

それはネイティブにもわからない謎のようだ。