英語がゆっくり聞こえるようになる、母国語としての英語。

小さい子どもとの会話はもちろん、日本人向けに少しやさしく話してくれるネイティブとの会話や、教室でのやりとりなどで使う英語は非常にやさしい。

やさしいがために、力業でなんとかなる。

たとえば例文の暗記で、その中の一部を替えて話したりする第二外国語としての話し方だ。

また、聴き取りも子ども向けのアニメは簡単だし、なんとか聴き取れてしまう。

 

だけども、そこからニュース番組だとか、バラエティ、ネイティブ二人対自分といったシチュエーションになると、まったく対応できない。

そのレベルになると、「理解しなくては」という気持ちが邪魔になり、聴き取りのスピードについて行けなくなるからだ。

 

このサイトで行っている母国語としての英語習得は、その壁をブレイクする方法。

だから、ニュースの聴き取りで試していけば、子ども用の英語アニメなどは、母国語としてすぐに聴けるようになる。

ニュースの英語がすぐに聴き取れるようにはならないかもしれないが、「理解しない」「訳さない」という方法にもかかわらず、子どものアニメが理解できるようになっている。

 

さらには「英語が早口に聞こえる」という現象さえ、変えることができるのだ。たとえば、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について